9月11日(土)
○天気 晴れ
○大会名 三菱地所JCLロードレースツアー2021 第6戦山口ながとクリテリウム
○コース ルネッサながと周辺特設コース
○距離 40km(約800m×50周回)
○リザルト
6位相当 優勝小坂 光 選手(宇都宮ブリッツェン)
(チームトップ谷&宇志 共に6位相当)
*なんとも説明し難いですが、逃げ5名が、谷&宇志含む12名ほどの集団に追い付き、それでも集団はレース続行という話でしたが、危険ということもあり、集団はストップ。
6位争いのレースを本レース後に行うという審判側の判断が下されましたが、審判を含む監督会議の結果レース終了と、6位集団の選手たちにリザルトは着かないが、6位の個人ポイントを付与するということでレースが終了しました。

○チーム作戦
初めてのコースで展開を決めていいコースではないということで、第一プランとして、翔太郎くんで最後勝負する為にチームで連携していくという共通認識を持ちながら、サバイバル展開になると感じたのなら、各自の判断で前で展開していく。
○個人作戦
チームが纏まるように走りながら、どんな展開になっても自分を含めチームが勝負できるようにする。
○レース
コースの一周の距離が短く、コーナーもタイトでかなり危険なコースだったので、入念な試走でコーナーの感覚を確かめる。
レースは一周回のローリングの後に50周回のレース。
リアルスタートすぐの第一コーナーでコース外に吹っ飛ぶ落車が発生。
その後もコーナーの度に落車が発生し、それらを交わしながら集団の15番目位で周回をこなす。逃げは、スタートから逃げた選手たちがシャッフルは少しありながら、ブリッツェン3人、キナン1人、右京1人という5人が逃げ続け、部が悪いキナンと右京は集団を待つような動きですが、ブリッツェンはGOなので、主にブリッツェンの牽引(無線情報です。)で集団とのタイム差が少しずつひらいていく。
ブラーゼンは纏まるタイミングも一瞬ありましたが、集団のペースアップで6位集団の13人に谷と宇志が残る展開に、残り15周回で審判車にニュートラルをかけられ、先頭5人が交わしていく。
順位を着ける為にラップされた集団もレース続行という情報が入ってきましたが、いろんな観点から危ないということでストップ。(どちらかと言うと選手たちの判断で)

上記*のような事でレースが終わりました。

○反省点
最初の逃げにチャレンジできる場所にいなかった事で今日のレースのチャンスを逃す形になってしまった。
クリテリウムで序盤の立ち回り方次第で可能性が広がるということでもあるので、もっとこだわっていきたい。
○良かった点
この難しいコースのクリテリウムで、第2集団ではあったが、落車もなく、走ることができたのは、クリテリウムにおいて改善できてきていることでもあるので、より一瞬一瞬の精度を上げて、クリテリウムでも毎回優勝争いをできるようにしていきたい。
○次に向けて
明日は秋吉台カルストロードレースなので、キツイレースになりますが、最後まで集中して優勝を掴みにいきます!

Photo by 樋口くん