11月6日(土)
○天気 晴れ
○大会名 三菱地所JCL2021第9戦大田原ロードレース
○コース 湯津上支所周辺特設周回コース
○距離 116.1km(約7.74km×15周回)
○リザルト
DNF/52人 完走29人 優勝 阿曽 圭佑選手(ヴィクトワール広島) 優勝タイム2:40.23
(チームトップ憲人くん 2位)
○データ
2:18 93.12km
tss232
av252ww np320w max1153w
av87rpm max133rpm

○チーム作戦
昨日若杉さんから、「今日は谷のしたいことを尊重する。」と言ってもらえたので、自分は逃げきりにチャレンジし、もしスプリント展開になれば、翔太郎くんと憲人くんに任せると伝える。

○個人作戦
逃げに入って、少人数スプリント又は独走に持ち込む。
スプリント展開になれば、2人をいい位置に送り込めるように牽引する。
○レース
序盤から激しくアタック合戦が続き、強力なメンバーで構成された逃げグループが形成され、ブラーゼン、ブリッツェン、ディレーブ、ヴィクトワールが乗り遅れ、4チームで牽引。

最初は雅之、大志、宇志が牽引に加わってくれていたが、宇志が膝を痛め離脱。
大志も途中で力を使い果たし離脱。

逃げとの差が1分から縮まず、距離が減っていく。

ブリッツェンの増田さんから「ブリッツェンも2枚だして、逃げを本格的に捕まえに行くからブラーゼンも2枚出して欲しい」と話しが来て、翔太郎君と憲人君に最後のスプリントを任せてもいい?と聞いたら、2人とも行ける!と返事がきたので、自分は何の躊躇もなく、牽引に加わる。

その後なんとかレースを振り出しに戻し、もう一仕事して、力尽きて離脱。

その後を託した憲人くんが見事に2位に入ってくれて、地元レースで表彰台を獲得してくれました。

○反省点
逃げを自分が逃したことによりチームが不利になってしまった。
もっと最後の最後までアシストできるぐらいの力を付けたい。
○次に向けて
明日の那須塩原クリテリウムがシーズン最終戦であり、2021チーム最後のレースになります。
最後まで全開で優勝目指して走っていきます!

Photo:樋口くん