3月19日(木)
晴れ 春だ( ≧∀≦)ノ
体重67.1kg
個人練習
目的 ヒルクライム能力向上
2:25 63.12km tss141.9 av171w np244w up687m

御亭山
15分384.9w(5.7倍)

ツールドとちぎに向けてコンディション調整していたちめ、思いのほかパワーは出てるが、やっぱり体重があるぶん、タイムが遅い( ゚ε゚;)

StravaのKOMのタイムを見れば一目瞭然。


僕の計算が正しければ、自分の場合、64kgで380wで走れたら14分切り。

63kgで380wで走れたらKOM取れる気がする。

この3年ぐらいで出力について学んだことがあります。

まったく走れていなかった2018年。
この時はとにかく10分400Wとか2分600Wを出したい!出せたら勝てるようになる!と思って練習していて、それの為の練習をしていました。
しかし、その出力に届くこともなく、しかもレースも完走できないレースも多く、何もかも届かなかったシーズンになりました。

翌年2019年は2018年夏にベルギーのケルメスレースを走ったことにより、出力とかそんなんではなく、人間の身体として根本的に強くならないと話しにならないと感じ、筋トレを開始。
そして5月の宇都宮ロードをきっかけに練習でパワーメーターを見ることがなくなり、ひたすら身体の動かし方だけ考えて練習。

そうすると、Stravaの自分のKOMでも、少ない出力でタイムを更新することも出来て、レースでも右肩上がりで良くなり、目標も概ね達成できたシーズンでした。

そして今年2020年シーズン。
本当だったら明日から始まるツールドとちぎがあったため、過去にないぐらいに1月からベース作りをして、徐々に強度を上げてきて、3月に入って高強度な練習をして、そして今日、こてやさんのヒルクライム。
10分以上かかることは分かっていたので、9.8割ぐらいのほんの少し余裕があるぐらいで走っていたのですが、9分40秒経過するぐらいで、平均パワーを見たら398W。

これがはなから10分走だったら、ちょっともがいたら400Wは越えていただろうし、今までのベストが10分396Wだったので、それが10分以上走る予定で走って、過去のベストを超えてしまっている。
そもそも15分385Wもベストなんですが。

走りながら、こんな呆気ないもんだったのかと思いました。
2年前はあんなに取り組んでやって出来なかったのに、今はまったく意識してなくてしっかりベースを作ってボリュームを上げたら出来るようになる。

ここで言っておきたいことがある。
これは自慢話ではありません!!

なぜ先に御亭山のKOMランキングとタイム差を見せたかと言うと、出力がめちゃくちゃ出ていようが、タイムがめちゃくちゃ遅ければそれが事実。

これでKOMを獲れていたら自慢話でしたが、現状は問題だらけということです。

それで話しを戻しますが、今回僕が言いたいのは、出力を向上させたいと思うなら一旦それに囚われるのではなく、自分の身体の使い方を見直したり、ベースをしっかり作った方がいいと思います。
出力は囚われるものではなく、指標にするもの。
これがこの3年間ぐらいで僕が学んだことです。

そしてもう一度話しを戻して、こてやさんのヒルクライム。
出力は過去最高に良かった。これは評価していい。あとはいかにタイムを削りだしていくかだ。
一番は体重を削りだすことでしょう。
今まであまり体重を気にしてなかったんですが、最近、もし自分が62kgで走れたらどんな走りが出来るんだろうか?と感心が出てきました。

といっても67kgから62kgは少し現実的ではないので、先ずは64kgかな。

4月のレースは64~65kgで今よりも高い出力で走れるようにしたいと思っています。

6月の富士ヒルや全日本選手権辺りは63kgで更に高い出力で走りたい。

なぜ移籍したのか?
それは環境を変えてチャレンジしたいから。
間違いなく那須ブラーゼンに加入して、那須に来てから、自分自身いい変化が起きてきています。
でもまだまだ変化が小さい。
今年自分自身の中で革命のシーズンにしたいと思っているのに、その自分自身に対して革命が起きてない。

一個目に見える変化で体重という今まで気にしてなかった部分で革命を起こしていきます!

明日からダイエットブログになるのか!?