ここまで自分から発信することはありませんでしたが、今年は那須ブラーゼンのキャプテンというちょっとした肩書きがついています。

正直、わざわざ外部に僕がキャプテンです!って発信しなくても、内部での役割として機能していればいいかなと思っていたので、自分から発信することはなかったのですが、この半年間の活動を見てきてくださった皆様には分かると思いますが、新聞、ラジオ、テレビ、チームの発信などで、チームのキャプテンになったことを聞かれるので、自然と外部に浸透していったと思います。

このキャプテンになった経緯を僕はどこかで話したでしょうか?

 

実はキャプテンと副キャプテンを指名したのは、若杉社長ではなく、スポンサー様でした。

昨年の11月に事務所の応接室に呼ばれ、中に入るとスポンサー様と雅之が座っていました。

そこでキャプテンをしてくれないかと依頼を受けました。

後から聞いた話しですが、雅之か僕のどちらをキャプテンと副キャプテンにしようかまでは決まっていたらしく、最後に雅之にどっちがいいかと聞いて、順成の方がいいと思うという後押しが決め手になったらしいです。

というよりも、この時点で、スポンサー様も、雅之も考えていたことが一緒だったと思う。

これが今のチームにとって一番機能する形だと。

僕は全体を見るのは得意ですが、一人ひとりのケアなどは得意ではない、それに対して雅之は一人ひとりに寄り添うことができる。

だから谷がキャプテン、雅之が副キャプテンというのが、一番機能する。

こうして昨年の12月から僕はチームのキャプテンをしています。

何人かにはそう思われているかもしれないので一応言っておくと、キャプテンをしているからと言って、上乗せがあるかというと、それはありません。

これは、最初の段階で確認されていますし、僕も最初からそんなつもりもなく、別にいらないですってことで同意しています。
同じように那須ハイりんどう湖の練習だって同じです。

それらから得られる経験によって自分の競技力を向上させることができる。

これが一番の理由です。

現に僕の競技力は昨年よりも格段に上がっていると思います。

損か得かというよりも、価値をどれだけ見いだせるかで動いているので、キャプテンをすることも必要なことなんだと思います。

とまぁちょっと書き過ぎたので、この続きは明日にでも。

 

はい!!風狐Tシャツ販売開始!!


ゼルダの伝説シリーズの漫画を描いた漫画家の姫川明輝先生がデザインをしてくださった風狐。
子どもたちにも着てもらいたいです!
価格:3000円(税込)